シースリーの全身脱毛は未成年、学生でも利用可能か?

脱毛可能な年齢

シースリーの脱毛施術を受けられる年齢は10歳以上となっていて、10歳以下の場合は親の同意があっても契約をすることが出来ません。

基本的に脱毛サロンは年齢制限を設定していて、その年齢もサロンによって異なります。

大半のサロンが生理周期が安定してから施術可能と設定しているのに対して、シースリーの10歳から、という年齢はかなり早い方と言えます。

昨今、子供の2次成長が始まる時期が早くなっていて、ムダ毛が気になり始める未成年にとっても、早い段階から脱毛が可能な事はとても喜ばしいことと言えます。

未成年の場合の手続き

シースリーの利用は、未成年でも脱毛施術の契約をすることが出来ますが、成人の方より少々手続きが複雑になってしまいます。

最もスムーズな方法は、カウンセリングや契約の際に、親権者に同席してもらうことです。

未成年、学生の場合は、本人の意思だけで脱毛の契約をすることは出来ないからです。

親の同意が必要で、親権者が同席していれば最短で手続きをすることが可能です。

ただ親権者が忙しく同席が難しい場合は親権者の同意書を持参するといった方法も選べます。

同意書があれば未成年であってもシースリーと脱毛契約が可能です。

しかし、契約直前に親権者に確認の電話を入れることもあるので、契約する日を親権者に伝えておく必要があります。

親の同席が必要なケース

先ほど同意書があれば未成年でも契約が出来ると説明しましたが、支払い方法によっては親権者の同席が必要なケースがあります。

シースリーは支払いを複数の中から選ぶことが出来るのですが、月々定額制、後払い制を選択した場合は親権者の初回同時来店が絶対条件になります。

この月々定額制、後払い制はクレジットカードのローンを組むことになるので、未成年だけでは手続きを行うことが出来ません。

ですから、親権者と一緒にシースリーの店舗に来てもらい、ローンを組み、親に支払ってもらう形となります。

最後に、シースリーは女性専用サロンなので、母親に親権者として来てもらって下さい。

シースリー 口コミ TOP

公開日:2017年5月16日

 - 実際に脱毛する