なぜ、脱毛施術前にシェービングをするの?


シースリーに限らず、脱毛サロンで施術をしてもらう前にやるべきことがあります。

それはシェービングです。

施術前に脱毛する箇所を、あらかじめシェービングをしておく必要があります。

シェービングは、する、と、しないでは、全身脱毛に大きく関わることです。

ではなぜ、全身脱毛前にシェービングをするのか?

今回はその理由について説明していきましょう。

シェービングをしておかないといけない理由は何なのか?

シースリーを含めた大手サロンでは、機械を使って脱毛します。

シースリーの場合は光脱毛を採用しています。

毛が生えすぎている状態で、全くの手付かずで、事前処理をしていない状態、もしくはシェービングしていてもそれが不十分で剃り残しの多い状態だと照射しても意味がなく、最悪の場合は脱毛自体を断られるケースがあります。

基本的に光脱毛は、毛穴に残った細かな毛を処理するものです。

シェービングをしていない、長い毛の場合、光が反応しないのです。

背中やうなじなど、自分でやるのは難しい部分、見えない部分のシェービングはどうしたら良いのか

鏡を使えば見える範囲の前面や脇などはシェービングできますが、背面になると流石に厳しいです。

しかし、シースリーの場合、見えない部分に関しては無料で、サロンスタッフによるシェービングサービスがあります。

もちろん、背面であっても自分で出来るのであればやっても問題ないですが、自分でやるには難しい部分はスタッフに任せた方が無難です。

もしも剃り残しがあったらシェービングはしてもらえるのか?

自分でできる部分のシェービングであっても、やはり剃り残しが出てきます。

しかし、シースリーでは剃り残しがあった場合、無料でシェービングしてくれます。

ただし、やってもらえるか否かは剃り残し具合にもよります。

スタッフがシェービングしたら施術可能になるケースもあれば、あまりに範囲や毛量が多すぎて無理な場合もあります。

面倒に感じると思いますが、見える範囲の部位は、自分で出来る限り、シェービングをしておきましょう。

「全身脱毛」といっても、「利用者側がおこなう事前自己処理が必要」という事はあまりピックアップされてはいませんでした。

しかし、施術前の無料カウンセリングで、「必要」という事は言われます。

シースリーでこれから施術を受ける、または、受けようかと検討中ならば「全身脱毛=事前に自身のムダ毛をシェービングを出来る限りする」、この事を頭に入れておいて下さい。

シースリー 口コミ TOP

公開日:

 - 実際に脱毛する